メインセクション

自閉症は妊娠中のインフルエンザやワクチン接種によるものではありません


196,000人の子供を対象とした研究では、妊娠中のインフルエンザ、インフルエンザに対する予防接種、および小児自閉症スペクトラム障害(ASD)の問題には相関関係がないことがわかりました。

自閉症は妊娠中のインフルエンザやワクチン接種によるものではありません

JAMA Pediatricsで発表された研究では、196,929人の子供が少なくとも24週妊娠からの発達発達について検査されました。母親は0.7%(1,400人の女性)でインフルエンザと診断され、23%(45,231人の女性)はインフルエンザワクチンと診断されました。その後、1.6パーセント(3101人の子供)がASDを発症しました。 一致しない インフルエンザの第二期と第三期における自閉症と予防接種の間。以前に、妊娠初期のワクチン接種と自閉症スペクトラム障害は相関している可能性が示唆されましたが、これは重要な研究で確認されていません。 研究は因果関係を確立することができませんでした インフルエンザ、インフルエンザワクチン接種と自閉症スペクトラム障害の出現の間。いずれにせよ、もちろん研究には限界があると言うことが重要です:この場合、専門家は他の素因をテストできず、ASDの診断は確認できませんでした(確認のみ)特定のインフルエンザワクチンとASDの関係を明確にするには、さらに調査する必要があります。