質問への回答

離乳に対する卵


リバプールのロレーヌ・ドナキー(23歳)は6歳であり、彼女には子供がいないことを悟り始めましたが、簡単な手順のおかげで、今日彼女はすでに美しい小さな女の子の誇り高い母親です。

彼女は、赤ちゃんの準備ができていたときに17歳で最初の赤ちゃんを失いました。赤ちゃんはそれを計画していませんでしたが、彼女は毎回妊娠していました。それぞれ vetйlйs 彼女の心に再び失望した後、しばらくして、有名人のサークルの誰も彼女が妊娠しているかどうかを敢えて彼女に知らせないで、彼女が彼女を後悔しないようにしました。 。これらの女性が肺で生検を受けた後、胎児の発育を妨げる子宮内の「キラー」細胞の存在のために、彼らが流産したことを発見しました。医師は今1つを持っています tojбssбrgбjбbуl そして、これらの密な細胞を攻撃する生理食塩水ブレンダーで治療されました。

妊娠中絶に対する卵卵? (写真:ユーロプレス)


今回、母親は前もって何かを買うことを敢えてしませんでしたが、彼女は毎日ビタミンを摂取し、あまり動こうとしませんでした。治療のおかげで、ルル・ローズは完全に生まれたので、ロレインの計画には弟が含まれています。リバプールの女性を治療するために使用されるいわゆるイントラリピッド注入- 酸っぱい油、卵、グリセリンと多量の水。この濃厚で栄養価の高い液体のうち、200カロリーの1デシリットルしか含まれていないため、主にダイエットができず、毎日の食物摂取を必要とする患者に与えられます。
専門家は、彼らが体内で効果的であることを認識するようになりました 炎症が減少する、細胞壁を強化し、免疫系を安定させます。その結果、この薬剤は炎症性患者、喘息の治療、早産の予防に効果的です。受精卵は、着床を成功させるために母親の体に多くの免疫学的変化を必要とします。いかなる障害も流産につながる可能性があります。このような破壊は、「自然生」(NK)細胞の活性の増加によるものである可能性があり、これにより胚が拒絶され、流産が可能になります。これは、リスクのある妊婦を妊娠する前に2回、注入前にさらに3回行う必要があります。また、より大きな成功を期待して、ステロイドと失血の価値もあります。