お役立ち情報

これは、スマートフォンが聴覚に干渉する方法です。


日常の使用によると、モバイルとスマートフォンは聴覚を損なうと報告されています。主な問題は、過剰なボリュームの使用です。

これは、スマートフォンが聴覚に干渉する方法です。今日、世界の4人に1人が毎日スマートフォンを使用しています。しかし、動員による健康への悪影響もあります。何よりもまず、聴覚を損なう可能性があります。まず第一に、それは聴覚に悪影響を及ぼし、主な問題は過剰な音量ですが、放射される電磁波も無害です。定期的に携帯電話を使用する人 より頻繁な難聴世界保健機関によると、大きすぎる音楽を聴くと、世界中の何十億人もの若者の健康が脅かされます。都市はそれ自体がうるさいため、若者は、外部の騒音を抑えるために耳の音量を大きくします。聴覚毛は、音波の影響を受ける脳に音を伝える役割を果たします。毛包が死ぬと、それ以上回復できなくなります。また、ボリュームが大きいために耳の筋肉が圧迫され、聴覚骨の動きが制限されます。これにより、リスナーは電話をさらに大きくすることができます。 スピーカーフォンまたはヘッドセットを使用する、できるだけ話をし、音楽を聴くときにノイズキャンセリングイヤホンを使用します。ヒアリングトピックの関連記事:
  • イヤホンは子供にとって安全ですか?
  • これは、子供をコンサートや試合に連れて行くことができる唯一の方法です
  • したがって、子供の聴力を調べる