メインセクション

痛みを伴う出生脳:まぶたの骨


妊娠中、母親は骨粗鬆症のリスクにわずかにさらされますが、虚血は発生する可能性があり、非常に痛みを伴う問題です。

痛みを伴う出生脳:まぶたの骨ペテル・タカブス博士、産科子宮の教授、私たちは子宮の泌尿器科からこの虐殺が 非常にまれ、約1000分の1、2千分の2の出生にはこのような問題があります。

丈夫な生地

まぶたは絡み合っている2つの部分で構成されています:結合と呼ばれる眼の軟骨は、2つの部分を接続します。 -骨盤のこの部分はクリトリスの下にあり、重い負荷がかかります。妊娠のため、脊椎の傾きが変化し、骨盤のこの部分により多くの重みがかかり、これにより 共生 -教授の説明この軟骨部分は、負荷に加えて、この期間中に加えられた力の影響も受ける可能性があります:2つの部分の間の距離が大幅に増加するため、骨盤が不安定になります。 -凍傷から自然なショットを作成するとき、1センチ以上の2つのまぶたの間の距離を確認できます。骨幹端の破壊は非常に痛みを伴い、多くの場合、患者は自分の不快感のために立ち上がれないとペター・タカブス教授は述べた。

リラックスしたリラックスした

妊娠中、リラキシンと呼ばれるホルモンが生成され、さまざまなリボンをリラックスさせるためにその名前にちなんで名付けられ、その結果、企業はよりリラックスできるようになります。教授から、このホルモンは妊娠中の妊婦が硬くなるのを防ぐために作られていることがわかりました。共生もビジネスであるため、リラキシンは妊娠中にその構造を緩めるため、病因に役割を果たす可能性があります。

何が役立ちますか?

-これらのホルモンは妊娠後に生産されなくなったため、これらのビジネスの回復が遅くなり、元の状態に戻ったため、どんちゃん騒ぎが改善し始めました。多くの場合、まぶたの除去が解決策となります ヨーク 最もしっかりと押すことができ、骨盤をより硬くすることができる、いわゆるツールを身に着けており、2つの骨を金属クリップで体の上に割ることでほとんど助けられない、と最も美しい女性は言います。 gyulladбscsцkkentхk 服用することは治癒に役立ち、この領域を強制することはできません。 「体が妊娠前の状態に戻ると、プロセスは自然に改善します」とペター・タカブス教授は語り、「治癒後、母親はゆっくりと前の生活に戻ることができます。
  • 世界中:これは、赤ちゃんの生活の中で再生する方法です
  • 幼児:産後の再生を支援するために何ができますか?
  • 出生後のプロラプサス
  • 「2回の出産後、私の体は崩壊した」