他の

誤った摂食習慣


出産の家族の経験によると、幼児期ではなく、幼児期には、特定の不寛容、期待、要求、子供の食生活の不一致があります。

誤った摂食習慣

時期尚早に離婚する もっと危険があります。これらには、迷信的な欲求とその将来の結果、牛乳アレルギー、または食物の量ではなく品質に関する栄養不足が含まれます。子供たちは十分なグリーンピースや果物、きれいな水を手に入れませんが、フルーツジュース、つば、「光沢」、炭酸の「光沢」などが得られます。悲しいことに、1日中口に(甘い)飲み物を飲んでいる「セルフサービス」の赤ちゃんです。しかし、多くの人が「結実症候群」を患っており、これは視力の低下、下痢、体重増加の遅延に関連しています。スナックやスナック(大人のスナックなど)を消費することは非常に一般的です。これは昔ながらのサイクルを壊し、不規則に、前後に入ってきた子供たちは悲惨で、扱いが難しく、気分は子供によって曇っています。状況は、体がbelхleをzsнrfйlesйgすることfelismerйsйreszьksйg.Tovбbbiveszйlyeйshozzбйrtх、如才、tьrelmesnevelйsretъladбsбnak多くszйnhidrбtだけでなく、kцvйrsйgkialakulбsaszempontjбbуlkedvezхtlenが、йrelmeszesedйsrevezetх要因のjбtszik役割kйpzхdйsйbenis.Atбplбlkozбstуlfьggхveszйlyekです中流階級はまだ属している fogszuvasodбs また、特に乳歯において、炭水化物が特定の役割を果たす特定の役割を持っているベビーグラス症候群を参照してください йdessйgeknek, ropogtatуsoknakなど。ベジタリアンの食事は世界中に広がっています。両親は、少なくとも乳と卵のバリエーション、乳卵子とベジタリアンの食事について話し合う必要があります新生児である子供は、必要な食事の数を「知っています」。食べる量が少ない(しかしよく利用されている)とは、必ずしも病気であるという意味ではありません。大人と同様に、子供の栄養要件も同様です。したがって、私たちはそれを隣の子供と決して比較すべきではありません。食事も強制されるべきではありません。食事が奪われ、不快になります。小さな子供が自分の内面に耳を傾けることを学ばず、空腹のときに食べるだけで多くを食べると、ペースの速い菓子妄想の影響を受けやすくなります。 必要に応じて食べることができます、どれだけで十分かすぐにわかります。経験から、多くのホームレスの大人が小さな子供を食べていることがわかりました。すべての子供は、おいしい食べ物を食べる能力や、対処できないほどかかとを過大評価する傾向があります。あなたは子供を置き去りにし、食物を習慣的に残す必要はありませんが、すべてを強制的に食べさせられるという間違いを犯すべきではありません。最初は少量しか摂取せず、後の段階で摂取量を減らすことをお勧めします。乳児の栄養については、健康な体のために体の成長と発達を確保する必要があります。それはまた、子供のバランス、不安、健康、幸福の低下の基礎にもなります。