勧告

診断に基づいてダイエットするべきではありません


アレルギー性疾患の発生率は着実に上昇しており、最近の研究では、食物アレルギーが子供だけでなく成人でもますます発生していることが報告されています。

診断に基づいてダイエットするべきではありませんその結果、近年、症状のみに基づいて食事と診断された、または問題のある子供の食事から離脱した人々の数が増加しています。ブダアレルギーセンターのアレルギー専門医である小児科医のバログダム博士は、過剰摂取と栄養失調のリスクが高いと述べました。

自分自身を食物アレルギーがあると考える

以前のスウェーデンの研究によると、多くの親は、自分の子供が食べ物を食べるのに問題があると考えています。テストを実施した後、研究者たちは、火災の中で一人の子供だけに食物アレルギーを発見しました。また、レスター大学病院の栄養士はインタビューで、近年、英国の人口の20%が食物アレルギーに熱心であり、通貨データは成人の1-2%から子供の4-6%の範囲であると警告しました。アレルギーの診断を受けて準備ができている親がいましたが、私たちがそれをまったく確認できなければ、彼らはほとんど失望し、時々怒っていました。 BDバログは、先週半島で練習をしましたが、診断結果がどうなるか両親は圧倒されます。子供は最初に小児科医以外に会います。さらに、ほとんどの一般開業医と救急科の医師は、小児の経験がほとんどないか、まったくありません。かかりつけ医は小児ケアの枠組みの中で小さな子供を小児病院に紹介するかもしれませんが、そのような場合の待ち時間はハンガリーのシステムに比べて異常に長い場合があります。

食物アレルギーが疑われる場合はどこに行きますか?

実際、乳児期および幼児期には、最初はアレルギーのように見える不確実な症状が多く現れることがあります。ポイントは、異常な症状を検出した場合、 最初に小児科医に相談する。特定の検査が必要な場合は、症状について適切な専門医に患者を紹介できます。診断に基づいた食事は、不必要な病気や欠陥のある病気につながるだけでなく、より深刻な病気を隠すこともできます。適切な検査により、生命を脅かす反応があるかどうか、アナフィラキシーの可能性があるかどうか、子供がアレルギーを発症する可能性があるかどうか、正確にどの成分を避けるべきか、これらの成分は何か、それなしでは、ダイエットはより重くなり、さらには不要になります。

小児期のアレルギー症状

小児期では、アレルギー症状はほとんどの場合、牛乳、卵、およびピーナッツによって引き起こされますが、アレルギーは白を含むほとんどすべての食品で発生する可能性があります。また、喘息や痛みで最もよく見られる呼吸器アレルギーの人にもよく見られます。これに続いて、慢性のtica麻疹(悪性)症状のある人や、症状はよりはっきりしないがアレルギーに起因すると考えられている人がいます。湿疹は皮膚科との境界線であり、これは多くの場合障害であるが、場合によっては、一部の食物アレルギーが疾患の発症と生存に役割を果たす可能性がある。

家族にアレルギーがある子供

親は、アレルギーの診断を容易に受け入れ、子供のライフスタイルを変更する可能性が最も高く、食事の要因であろうと環境の要因であろうと、これは自分自身です。もちろん、複数のアレルギーがある場合、これははるかに困難になる可能性があります-避けたい食物に大きく依存します。しかし興味深いのは、子供たちが食物アレルギーを発症する多くの場合、両親はしばしば-症状の発症のために-食物を食物に再導入しようとすることです。順に 子供の大半は実際に食物アレルギーを発症します。この場合、それ以上のダイエットは必要ありません。問題の要素を徐々にスケジュールに減らすことができます。

子供のアレルギーを防ぐために何ができますか?

アレルギーの原因は正確にはわかっていませんが、一般的な仮定の1つは、ウイルスのアレルゲンが多いほど、生物が発生する可能性が低くなる、いわゆる「衛生仮説」です。妊娠中または出産後に妊娠中の女性が喫煙すると、子供が再発性気管支炎と喘息を発症する可能性が高くなることも示されています。残念ながら、低刺激性の処方が広く普及している場合、妊婦の食事は食物アレルギーの予防に役立たないため、同じことは言えません。一方、栄養は4〜6か月の年齢で始まりました。これには、食物アレルギー(ミルク、卵、ビートルート、魚、オート麦、種子ではなく、自然の形態)によって最も頻繁に引き起こされる食物が含まれます。栄養-特にアレルギーの家族歴があるため、子供のリスクが高い場合-適切なタイミングで食事の導入について専門家に相談してください!
  • 子供に食物アレルギーがある場合-困ったときはどうすればいいですか?
  • これは幼児の最も一般的な食物アレルギーです
  • 夜間に頻繁に赤ちゃんがすり減る場合、食物アレルギーを示す場合もあります