お役立ち情報

あなたの赤ちゃんの腹を救うための10のヒント


乳児の胃または他の名前の子犬は、2週齢から3-4ヶ月の赤ちゃんによく見られます。ウサギの原因は、おそらくいくつかの要因により完全には理解されていません。赤ちゃんを胃の脂肪でどのように助けることができますか?

乳児のひよこは通常3〜6週間で始まり、その後3〜4か月で、ある日から次の日まで突然止まります。乳児の胃は、赤ちゃんが母乳で育てられているか、人工栄養で育てられているか、未熟児、未熟児かに関わらず、腹部臓器不全がないことを特徴としています。突然、赤ちゃんは緊張し、赤ちゃんは緊張し、足は緊張し、おなかは硬くなります。 赤ちゃんの内部システムはまだ未発達です、それは確かに胃に貢献しています。それが来るとすぐに、通常3-4で突然消えます。翌月の時点で、あなたはそれを経験しません。ウサギの腹部疾患を排除する技術はありますか?この困難な時期に役立つヒントをいくつか紹介します。赤ちゃんの腹を守るための10のヒント(写真:iStock)
  1. Szoptatбs母乳育児は栄養面で重要なだけでなく、赤ちゃんに快適さを与えます。赤ちゃんが最後に胸の上に置かれ、繰り返し胃の上に置かれる時期に関係なく、赤ちゃんは落ち着いてリラックスすることができます。多くの乳児は、数回授乳することで助けることができますが、それ以下です。
  2. Bьfiztetйs給餌後の給餌が非常に重要です。赤ちゃんは授乳中に大量の空気を飲み込み、もやしで傷つく可能性があります。それが、すべての食事の後-母乳栄養か食事栄養かどうか-を支払うための鍵です。赤ちゃんの授乳には、大きな穴径を持たない製品を選択してください。そうすれば、赤ちゃんの食べ物に含まれる空気をより少なく吸収できます。
  3. ホワイトノイズ赤ちゃんが子宮にいる間、母親の心臓、内臓、および発話が聞こえます。出生後、赤ちゃんは単調で反復的なノイズ、おなじみの音で落ち着きます。もちろん、赤ちゃんのすぐ隣ではなく、ヘアドライヤーの電源を入れてください。しかし、特別なホワイトノイズマシンを入手したり、アプリケーションからホワイトノイズを聞いたりすることもできます。
  4. キャリーコットで結ぶタイトなドレープと母親との身体の接触が解決策になることがよくあります。胸を縛られた人形を安定したペースで歩き、静かに話し、働きましょう。短時間であっても、下痢が止まり、赤ちゃんが眠りにつくには十分かもしれません。
  5. 体操赤ちゃんを背中に乗せ、足をお腹までそっと押して、両膝を外側にそっとひねり、ガスが消えるようにします。
  6. Masszбzマッサージは就寝時にも良いサービスです。暖かい手で腹部を丁寧になで、赤ちゃんの腹部に軽く圧力をかけます。赤ちゃんの運動野と同じ方向に円運動を行います。つま先をそっと曲げて、静かに動かします。ベビーオイルをマッサージに使用できますが、使用量は常に少なく、製品の純度と品質に注意を払っています。赤ちゃんがリラックスできるように、常にリラックスした柔らかく柔らかい環境を作ることが重要です。
  7. スイング赤ちゃんのスイングは、少し快適に良いツールにすることができます。ロッキングは、小さなお子様がリラックスしたり、痛みを伴う分に目覚めたりするのに役立ちます。また、少し休んで腕を元に戻すのにも役立ちます。
     
  8. 懸濁液、滴、水ドラッグストアでは、ウサギに対するいくつかの製剤があります:さまざまなドロップ、懸濁液、ベビーウォーター。何かを失う前に、看護師または子供のGPに相談してください。
  9. Kуlika-tartбsこれは、多くの赤ちゃんが胃の症状を和らげるのに最適な位置です。ウサギまたは魔法の姿勢とも呼ばれます。赤ちゃんを前腕に置き、頭が額の付け根にくるようにし、手と足がリラックスする間、おなかが手に乗るようにします。また、空気を失うことに少し戻ることができます。
     
  10. チェリーシードクッション暖かいチェリーカーネルパディングは筋肉を弛緩させ、症状を緩和するのに役立ちます。さくらんぼシダを加熱しますが、熱くないことを確認してください。赤ちゃんの腹を暖かく快適な枕にします。
胃との戦いには確かなポイントが1つあります。それは時間です。ザ・ 3-4ヶ月の赤ちゃん、通常はいつでも赤ちゃんの兆候がない。その間、メソッドを変更するのに時間がかかる場合があります。ある日、別の日に別のソリューションが効果的であることが証明される場合があります。

モバイルベビースクリーニング?動作するかどうかを確認するためにテスト済み