質問への回答

ビタミンK:赤ちゃんはどのくらいの期間、どれくらいの量ですか?


赤ちゃんは、新生児の造血を防ぐためにビタミンKを摂取する必要があります。結局のところ、彼らの滅菌システムはビタミンを維持することができません-それは彼らが「学ぶ」。

出生後最初の1週間のビタミンK補給

「新生児の血液凝固が正常に機能するためには、生まれた後、コナキオンキンに知られているビタミンKの投与量(2ミリグラム)を出産後に病院で受け取ります」 DR。 TiborKovбcs 小児科医、小児病院スヴァベッジの医学部長。 4〜7日後の最初の投与のすぐ後に、赤ちゃんはコナキオンの2回目の投与を受けます-通常は自宅で両親に与えられます。コナキオンアンプルの内容物を母乳と混ぜて、この混合物を赤ちゃんと混ぜることをお勧めします。 ビタミンK:赤ちゃんはどのくらいの期間、どれくらいの量ですか?

母乳育児と栄養の違い

「母乳のみで育てられている乳児は、通常のビタミンKの補給が必要です。3回目の投与は生後1ヶ月で行い、その後は月に1回投与します。固体食品-ステーキ、野菜、果物-赤ちゃんに覆われた」-博士は説明しますTiborKovбcs。これの生理学的背景は、赤ちゃんが摂食を開始すると、赤ちゃんの腸内細菌叢が変化し、生菌がビタミンKを維持できることです。したがって、ビタミンKによる血液障害の予防のためにこのビタミンを補充する必要はなく、さらに、体内の脂肪。

なぜビタミンKが重要なのですか?

ただし、まれに、新生児、皮膚または皮膚の出血、腸または肺の出血の生後数週間、数ヶ月間に起こり、血液凝固が不十分になることがあります。 「新生児の無菌システムはこれをサポートできないため、ビタミンKを投与することが不可欠です」と小児科医は言います。まれに、特に重症の頭蓋出血や脳出血が赤ちゃんに発生する可能性があり、赤ちゃんが出血しやすくなるような生命にかかわる状況につながります。
  • 赤ちゃんがビタミンKを摂取しなければ致命的です
  • 少しずつのビタミンキット
  • 小さい人のためのビタミンスマート