質問への回答

不妊の秋、逆流-未治療の危険性


胃食道逆流は、乳児によく見られる問題であり、通常はより頻繁であり、摂食、ベッドの頭を上げる、食事を変える、運ぶことで少しずつ処理できます。

不妊の秋、逆流-未治療の危険性

ほとんどの場合、症状は8〜10か月のほとんどの子供で消失しますが、頻繁な腰痛は手術でしか治療できないより深刻な問題である可能性があります。 DR。ヴァス・ノエミ 小児胃腸科医、ブダアレルギーセンターの医師。

未治療の逆流の危険

逆流の場合、胃および十二指腸の内容物は胃酸および消化液と混合されます 舌に逆流します。この現象は、リリース後の健康な乳児でも発生します。その場合、「過剰」 彼らは秋の形で解放されます。小さなものは、しばしばくすくす、飲み込む、胃、咳、フープ、そして強い余韻があります。 赤ちゃんの体重が止まります、それぞれ。顕著 痛みを示す 逆流の原因は、脊椎の不十分な機能です。完全に閉じないため、酸性の胃内容物が食道に戻る可能性があります。このプロセスが頻繁に繰り返されると、胃酸が食道を刺激し、火傷、潰瘍、咽頭炎を引き起こす可能性があります。鼻の頻繁な鼻炎および肺炎も発生する場合があります。

検査により、重大な変化が明らかになる場合もあります

ただし、バックグラウンドに乳児の胃の排出物(幽門狭窄)がある可能性があるため、頻繁なマイナス面を見落とさないでください。息子のより頻繁な変化の症状は、3〜6週齢前後に最初に現れ、逆流によって引き起こされる症状と非常に似ています。ノイミヴァス博士によると、赤ちゃんが定期的に膣分泌物を出した後は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。時間が経つにつれて、体重は停滞して体重が減り、噴火の兆候が現れます:乾燥肌、円形の目、よく落ちます。尿とおむつの尿と便の数がこれに注意を促します。これらの症状が現れるまで待たないことが非常に重要です。 頻繁に嘔吐した場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける!

手術のみで治療可能

医師は、頻繁な胃潰瘍や胃の問題がある場合は、身体検査と腹部超音波検査で特定できます。そのような場合、胃にはない脊髄筋が観察されます。胃が厚くなり、食物が胃から出なくなります。治療は手術によってのみ可能であり、腹壁を通して、収縮を引き起こす筋肉を切断します。乳児は手術後に最初の点滴を受け、その後徐々に、経口的に、用量を増やしていきます。失敗、逆流に関する関連記事:
  • 赤ちゃんと子供のための逆流
  • 失敗したか病気ですか?
  • 乳児逆流の典型的な症状5