メインセクション

私はちょうどトイレに座って横に振った(X)予期せぬ側面で素晴らしい奇抜さ


30年間、私は便秘と、形成された金の未知の概念を持っていました。私は妊娠30週まで妊娠したばかりで、ほとんど文句なしに奇跡的に死亡していましたが、その後クラッシュが起こりました。トイレで。

妊娠中の金細工師は小さな赤ちゃんには豊富です


私は自分の習慣がどれほど幸運であったかを言うつもりはありません:嘔吐物、朝の病人は避けられ、キロは私に慎重にだけでした-確かに、私は食べるもの、移動することに注意を払っていました-私は足首を見ませんでした、 、最後でも。私は足の洞窟の1つを見つけましたが、母と妹がそれで悲鳴を上げるほどひどくはありませんでした、そして私は私の赤ちゃんの下で小さな赤ちゃんを抱いていないにもかかわらず、それを腰に感じませんでした。全体として、私はそれが赤ちゃんで満たされたこの数ヶ月の奇跡であったと言わなければなりません、私は文句を言う理由がありませんでした。私は金の神を知るようになった8月の朝によると。母乳児誌のすべての文献を読んだので、妊娠中にゴールドラッシュが起こる可能性が高いことは知っていましたが、上記は私を避けるだろうと確信していました。まず第一に、私はその日の朝に出血を経験したため、完全にパニックになりました。赤ちゃんは大丈夫ではないと確信しています-彼は私の脳を駆け抜けましたが、このゴールドラッシュは私が死にかけていなかった何かの症状であることにすぐに気付きました。当時は少し飲酒量が少なく、繊維の摂取量が少ないことは知っていましたが、すぐにあなたを困らせるとは思いませんでした。出血だけでなく、地獄。そして、私はトイレで泣いていたので、どうしたらいいかわかりませんでした。私の前に浮かんだので、まだ10週間残っているので、もし私に来たら、毎日朝に戦っていたら、邪魔にならないようにしています。そして突然私は彼の部族を彼と共有し始めました。最後に、私たちはお互いに良い、悪い、健康、病気であると約束しました...私は彼を薬局に送るつもりだったことは明らかでした、そして私は今朝私を引き離すユーモアを持っていませんでした。スペルティクリームのキャップも手に入れたので、自信がありました。より多くの水分を摂取し、より多くの繊維を消費し、赤ちゃんの体操を何度も計画し、親密な運動メモを取ることを試みることに加えて、この場合、それは身体の残りに良いことを覚えています。そして再び、暴動の線が来て、「通常の」金細工の女性が再び線を走ったが、幸いなことに、彼らは間違っていた。とにかく、これらのすべては今では解決されます...さて、私はこの黄金の血の冒険で、私は生まれた日まで、統計的に義務的で不快な部分を選択したことを自分に伝えています。そして、そうなると思う。関連資料:
  • ゴールドスミス:妊娠中の赤ちゃんの怖い母親
  • モラルがトラブルを引き起こすとき
  • だからあなたの金を永遠に忘れて
  • 妊娠ゴールド:種類と治療法
  • 金鉱掘りの症状