お役立ち情報

したがって、35年後に妊娠することはより困難です


35年後に妊娠することは25年よりも困難ですが、もちろん不可能ではありません。 35歳から40歳までの赤ちゃんを産むリスクと可能性を収集しました。

35歳以上になるのは難しいですが、妊娠することは不可能ではありません

豊Fと年齢

年齢は一つの側面にすぎません。不妊症は20歳と40歳の男性と女性を失います。それに直面してみましょう、あなたの不妊治療のヒントは大丈夫であり、あなたが心配している唯一のことはあなたの年齢です。 20代の女性が最も生産性が高い、20代の終わりに妊娠する可能性があります。 28歳では、22歳よりも妊娠するのが難しくなります。3535歳になると、生産性はずっと高い割合で低下し始めます。ある研究では、女性の出生率が特定の月にどのように年齢層ごとに変化しているかを調べました。毎月妊娠したか、妊娠した可能性があるのは、30歳の20%、40歳の5%だけです。しかし、生産性がこのような急速な速度で低下するのは、実際には30〜40歳では生産性がはるかに低いためか、20歳ではそれほど一般的ではないためです。そして、彼らは排卵前の数日ですべて一緒でした。女性の体温テストの後に卵巣検査が行われました。結果によると 若い女性と年配の女性の両方が排卵の2日前に最も生産的でした。 19-26歳の50%は妊娠でき、35-39歳の29%は妊娠できました。

男性の生殖能力と年齢

パートナーの年齢もカウントされます。女性の場合と同じように、男性の生殖能力は年齢によって低下しませんが、彼はまだ注意を払う必要があります。何してるの?結果は、35-39歳の女性の29%が最も生産的な日にセックスをすれば妊娠できることを示しています。ただし、女性のパートナーが5歳の場合、この数字は3月に15%に低下します。この場合、これらの可能性は上向きであり、上記の検査は妊娠のリスクを目的としたものであることも念頭に置いてください。あなたが妊娠した場合、それはあなたが生まれることを保証するものではありません。 流産の割合は年配のカップルの間で高くなっています。

生産性が低下するのはなぜですか?

女性は100万個以上の卵を産みます。このうち、思春期には300,000人が残っています。これはまだ膨大な数ですが、そのうちわずか300人が数年で熟し、受精を待つと予想されています。一部の人々は、閉経は生殖能力の喪失を意味すると考えていますが、そうではありません。私たちの体の生殖能力はずっと早く低下します。卵巣と 効率的なチューブ内の卵母細胞。閉経期に近づくと、卵巣は卵巣排泄ホルモンにますます反応しなくなります。定期的に運動する場合、健康である場合、体重が正常で異常な苦痛がない場合は?まあ、出生率の低下を止めることはできません。さらに、もちろん、あなたはそれを知る必要があります 喫煙などの有害な習慣は、自然な生殖能力の老化プロセスを加速させます。

先天性奇形、中絶

年齢が上がる 遺伝的問題 ダウン症候群のリスクが35年を超える可能性もあります。
1250人の子供ごとに1人が25歳でダウン症候群になります。
30人の子供951人の子供のうち951人。
35歳1子供の378。A 流産のリスク また、年が進むにつれて大きくなります。
20年で自然流産の可能性は10%です。
30年12%。
35歳18%。
40%34歳妊娠する可能性を高めることができるため、意識的に生活することが非常に重要です。あなたが35歳以上の子供が欲しいなら、あなたは時を刻む爆弾のように自分を見る必要はありません。あなたが環境と専門家の両方で生きていても。 (もちろん、リスクを認識する必要があるので、何に気を付けるべきかを知ってください。)妊娠の結果は非常に依存しています。前向きに考えてください:落ち着いて、妊娠のために体を整えてください(ここにいくつかのヒントがあります)。今日、30歳以上の子供を持つ女性がた​​くさんいます。このための条件は、昔よりもはるかに有利です。ヘルスケアシステムと医療は、変化したニーズに適応しています。

35年後の不妊治療の成功

おそらく、あなたは生産的な介入で妊娠するだろうと考えているのでしょう。なぜフラスコ治療(体外受精、体外受精)が利用できるのか心配なのですか?まあ、それはそれほど単純ではありません。あなたの体はあなた自身のホルモンに反応しないので、あなたは投薬を受けていないかもしれません。 年齢が上がると、成功するフラスコ手順の数は減少します。
31年では、in vitroの生存率は38%です。
39年では、この率は22%です。
43%10%未満(経由)以下にも興味があるかもしれません:
  • 40歳以上のセレブ
  • 年上の赤ちゃん:それは本当に危険ですか?
  • あなたが25歳以降に生まれた場合にもプラスの効果があります